合コン相手はあやまんJAPAN

合コン相手はあやまんJAPAN

2010年にそのお下品な芸でお茶の間を震撼させ、一世を風靡した「あやまんJAPAN」を覚えていますか?露骨な下ネタと安っぽいコールに衝撃を受けた人も多かったのではないでしょうか。かく言う私もその一人で、最初は信じられないくらい下品だと不快感を覚えたのですが、徐々にそのノリに嵌っていき、彼女たちがテレビに出るたびにくぎ付けになっていたのでした。そんな彼女たちも映画「アフロ田中」に出演しています。その役柄は田中達の合コン相手です。出番が少ないのでお見逃しなく!

あやまんJAPANについて

あやまんJAPANは、東京都港区六本木で「試合」という名の飲み会を中心に活動する素人女性エンターテインメント集団です。リーダーのあやまん監督を中心に100人以上が所属しています。2010年にバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」への出演をきっかけに、広く知られるようになりました。同年末には「よしもとアール・アンド・シー」よりシングル「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー」でCDデビューを果たしました。メンバーは監督であるあやまんのスカウトによりメンバーを集めているとされています。2009年春に、あやまん監督がファンタジスタさくらだを誘い、同年秋にさくらだがルーキタエを誘いました。集団の詳細は明らかにされていないものの、公称で、100人以上が所属しているとされ、サッカーの岡田JAPAN、野球の侍ジャパンに次ぐ「日本3大JAPAN」を自称しています。夜な夜な「試合(宴会・コンパへの参加)」をこなすなど幅広く活動を行っており、その内容は公式ブログに随時掲載されています。あくまでも素人の集団であり、集団として芸能事務所などに所属はしていません。また、お金を貰って芸を見せるという類の事は行っておらず、何かの繋がりでメンバーと知り合いでないと、試合を組むことはできません。

現在のメンバー

メンバーは100名以上がいるとされています。中心メンバーのあやまん監督、ルーキタエなどが所属する「スタメン(ネタ班)」、若い女子が所属する「女子大生班」、いるだけでOKという「ビジュアル班」、新人の「ユース」、海外で活躍する「海外班」などに分かれています。メンバーの本業は学生であったり会社員であったりと様々です。

中心メンバー

  • あやまん監督・・・1979年5月26日生まれ。あやまんJAPANを率いるリーダーで、自称「股間担当」。群馬県前橋市出身。普段はイベントコンパニオンとして働いている。舌が長いのが特徴。グループとは別に舞台女優やキックボクシング、会社設立などマルチに活動している。
  • ルーキタエ・・・1985年5月19日生まれ。自称「お尻担当」東京都出身。東京外語大学卒業。あやまんJAPAN結成の半年後に、ファンタジスタさくらだに誘われて加入。「期待の大型ルーキー」と称されている。
  • サムギョプサル和田・・・1987年12月14日生まれ。2013年3月に加入した。動けるタイプの癒し系ぽっちゃり。新おっぱい担当めざしトレーニング中。
  • めんそ~れ愛菜・・・1月15日生まれ。沖縄出身で顔担当。2013年3月に加入した。前職No.1キャバ嬢という経験の持ち主。
  • たまたまこ・・・1990年10月11日生まれ。2013年3月に加入した。玉担当。

過去のメンバー

  • ファンタジスタさくらだ・・・1985年6月22日生まれ。「おっぱい担当」で「孤高のゲームメーカー」と称されていた。2012年7月10日にスチャダラパーのBOSEと結婚しグループを卒業。2013年6月14日に第一子が誕生した。

あやまんJAPANの経歴

2010年1月28日放送回のフジテレビのバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」のコーナー「第1回博士と助手 安すぎて伝わらない素人芸選手権」におぎやはぎの矢作兼の推薦で出場し、優勝して話題となりました。この宴会芸の中で用いられた木村由姫の楽曲「LOVE & JOY」にてサビに乗せて発する「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー」や、「ニンニンニン、ニンニンニン、ニンニンニンたらニンニンニン」などのコールはのちに着ボイス化され、女子中高生の間で流行語にもなりました。第2回大会では、オープニングアクトとしての出演もはたしています。2011年4月には、初のレギュラー番組となるTBSのバラエティ番組「20マウス」に、あやまん監督が出演しました。音楽活動も積極的に行っており、2010年6月30日発売の青山テルマのシングル「サマーラブ!!feat.RED RICE from 湘南乃風」のミュージック・ビデオの振り付けを担当しました。また、あやまんJAPANメンバーが中心となって「ポイポイオールスタースペシャルver」も制作されました。同年10月12日に公開された情報サイト「メンズサイゾー」とのインタビューではCDの発売が発表されました。同年10月27日によしもとアール・アンド・シーより発売情報が公開されました。12月1日にシングル「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー」で歌手デビューを果たしました。2011年4月20日には初の映像作品「あやまんJAPANのDVD―ポテトが熱くて食べられない―」を発売しました。このDVDにはプロモーションシングル「あやまんジェットコースター」を収録したCDが付いています。また同年6月1日に発売されたNERDHEADのシングル「どうして好きなんだろう feat.Mai.K」の公式サポーターに選ばれ、YouTubeに応援メッセージを公開し、「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー(切ないVer.)」を披露しました。同年6月15日には、お笑い芸人の楽しんごとのコラボレーション配信楽曲「ドドスコぽいぽいのうた」を発表しました。同年8月10日には、オリエンタルラジオの藤森慎吾とのコラボレーションシングル「夏あげモーション」を発売。10月5日には藤森とのコラボレーション第2弾シングル「失恋ベイビー」を発売しました。12月7日には、これまでの楽曲とミュージック・ビデオが全て収録されたCD+DVD形態のコンプリートアルバム「ぽいぽい」も発売しています。2011年には映画「ラブポリス~ニート達の挽歌~」に出演し、映画デビューも果たしています。

現在のあやまんJAPAN

ブームがひと段落した後の2013年2月、メンバーのファンタジスタさくらだが結婚・妊娠による「戦力外通告」のため、あやまんJAPANからの脱退を発表しました。それに伴い新メンバーのオーディションが行われ、新メンバーとして「金玉澤(たまたまこ)」「めんそ~れ愛菜」「サムギョプサル和田」の3人が選ばれました。そして2013年3月14日の「さくらだ卒業LIVE in ニコファーレ」にてメンバー入れ替えが行われ、5人体制にて新生あやまんJAPANがスタートしました。その後もグループとしての活動は停滞状態にありましたが、あやまん監督の一念発起により、グループの個人事務所「あやまんJAPAN株式会社」を設立。2014年7月7日より営業開始しました。

ディスコグラフィー

シングル

  • 2010年「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー」
  • 2011年「夏あげモーション」
  • 2011年「失恋ベイビー」

プロモーションシングル

  • 2011年「あやまんジェットコースター」
  • 2011年「LA・LA・LA LOVE SONG~久保田と潤子のラブソング~」

配信限定

  • 2011年「ドドスコぽいぽいのうた」
  • 2012年「ファンタジスタモンスター」
  • 2013年「タク代の唄」

アルバム

  • 2011年「ぽいぽい」

映像作品

  • 2011年「あやまんJAPANのDVD―ポテトが熱くて食べられない―」
上京したてのあなたへ